It was meant to be...



全く期待をしていなかっただけに、のっけから拍子抜けするくらい劇場内に溢れる笑い声。
この手の映画を観る時に、作品の良し悪しもさることながら周りのお客さんの反応ほど大きく左右される事はないと思います。

逆に言えばそれ次第で良くも悪くもなってしまうのですから...
でもこの作品はそんな事も関係ないくらいに良くできていました。


とても上質なユーモアのセンスに、知らない間に「フワっ」とした幸せな気分に浸っている自分に気付くでしょう。

ちょうど劇場に入る前にツイッター上でも倒産や撤退、廃刊に休刊なんていうニュースが溢れていた「寂しい」時だからこそ、こんな映画を観に行く余裕を持つ事も大切なのかもしれません。





ご多分に漏れずこの作品の日本版トレイラーも出来がひどいので、実際に観ると全く違った作品だと言うことに1分もしないうちに気付けるはずです。

そしてラスト15分。
ネタばれになっちゃうんで言いませんが、とにかくグッときます。
とにかくセリフが良くって♪


★★★★★


そういえば、いつも映画が終わった後に立ち寄って一杯飲んでいくガード下にある飲み屋のお兄ちゃんから「今日は何観たんですか?今年も宜しくお願いします!」なんて挨拶されたけど、このお兄ちゃん、毎回僕から新作の情報(感想)を仕入れるクセに、去年観た唯一の映画がワンピース(笑)。

気にせず今年も沢山教えてあげよう♪




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.visualconnexion.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/119

コメント(3)

If you try to find place where you can get resume company here is very masterly place for you about this good post, which accommodate examples and gives an excuse to learn how make great CV resumes . But this site is more delightful, and more considerate.

Set your own life easier get the personal loans and all you need.

Nobody can be a great papers writer without a writing experience. Furthermore, it is dangerous to compose academic papers without any qualified support! You should learn the way to craete great essays when buy online papers. That definitely plays a big role.

このブログ記事について

このページは、Fumiaki ISHIMITSUが2010年1月13日 14:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「We have same taste!」です。

次のブログ記事は「Where the stupid things are...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ