<あなたはVISIONAIREを知っていますか?>





話が相当ズレてしまったので、ここらでキチンと戻しておくと… 

リンダと待ち合わせたのはWest Broadwayと家があったBroom St.のSE(南西)の角にあった「NEWS BAR」の前だったと思います。ちょうど今のOLIVER PEOPLEがある場所です。 





この時は緊張というよりも、ひたすら「スティーヴン=編集長、セシリア=モデル、ジェームス=メーク…」って呪文のように頭の中で唱えていました(爆) (今もそうですけれど、洋の東西を問わず、とにかく僕は人の名前と電話番号が覚えられないんです。 どんなに長い打ち合わせでは一切メモを取らないくても平気なんですが、この2つだけはめっぽう弱いのです。)

そして向かったのはそこから1ブロックはなれた6th Ave.の先にある、当時のオフィスがあったWatts (ワッツ)St.の58番地でした。

ここには表に大きな黒い鉄製のゲート(このMapのゲートがそれで、以前はMatrix Printingという印刷所が隣にあり、初期のVISIONAIREはここで印刷されていました)があり、そこを開けると奥に続くドライブウェイがあって、当時彼らはその裏手の"REAR BUILDING"(=中庭にある別棟)を一棟借りしていました。





ここは彼らにとって2つめの事務所で、はじめは6th Ave.にあるスティーヴンの自宅をオフィス代わりにしていたそうです。

この3階建てのこの小さなビルの1階はVISIONAIREのオフィス、2階がスティーヴンの居住スペースとバス&キッチン、そして3階はジェームスの居住スペースという、とてもこぢんまりとした、でもホーミーで暖かい場所でした。 

僕自身は今現在のMercer St.のオフィスでは一度も働いた事はないので、この58 Watts St. Rear Buildingこそが僕にとってのVISIONAIREといったところでしょう。


 「ブー」といういかにもアメリカのブザーといった感の呼び鈴を鳴らすと、出てきたのはスティーヴンでした。

 "Hi Nice to meet you!" 

 もちろん僕の頭の中ではこの言葉が巡っていた事は言うまでもありません。 
「スティーヴン=編集長、スティーヴン=編集長…)」

ただこの時に受けた彼の柔らかい、そして優しい印象は今も寸分たりとも変わっていませんし、だからこそ僕はこの仕事を続けていられるのだと思います。

ちょっとうまく言えませんが、前出の山室さんに出会った時のそれに近いと思います。
もっとも彼の時はミラノのレストランでしかもベロベロで、当時バカ売れしていたマルペンサというモデルと仲良くなったっていう同じ話を3回以上繰り返していましたけど(爆)

中に入ると入り口から吹き抜けた形で階段が上階までのび、数段上がった左手にオフィス部分がありました。

実はスティーヴン達はつい最近前のオフィスから引っ越してきたということもあって、リンダさんと一緒にそれぞれの階を案内してもらいました。 

その後、オフィスに案内されるとそこには… 


僕を待ち受けていたのはセシリア=モデルとジェームス=メイク…ではなく、今もアートディレクションをしているグレッグ・フォーリーと当時一緒にアートディレクションをしていたフローレンティーノでした。 

そう僕の暗記は全くの無駄に終わったのです。




※この記事は「あなたはVISIONAIREを知っていますか?」のカテゴリーを選択していただくと、以前からのチャプターを通しでご覧頂けます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.visualconnexion.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/124

コメント(1)

Shop prom dresses, formal dresses, prom shoes, 2010 designer prom gowns at PromGirl. Find homecoming,
cocktail dresses, graduation dresses,plus-size formal
Cheap Prom Dresses

このブログ記事について

このページは、Fumiaki ISHIMITSUが2010年1月23日 00:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Hide & Seek」です。

次のブログ記事は「Be yourself!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ