2010年2月アーカイブ



0203.jpg


いつもこのBoologを読んで下さっている皆さん。
ありがとうございます。

昨年の9月から書き始めたこのBoologですが、本日よりWebマガジン「houyhnhnm(フイナム)」にて装いも新たに「Boolog A Go-Go」として始まりました!

とは言え、もうこのBoologをやめてしまうという訳ではなく、単に2つのブログを書き分ける技量がないだけですので、時間の経過とともに余裕ができた段階で同時進行したいと思っています...まぁ、出向みたいなものですね(笑)

それでは、「houyhnhnm(フイナム)」でお会いしましょう♪
もちろん「つぶやき」も継続中です!






誰ひとり無駄な人物が画面に出てこない作品。
そして、その1人ひとりの設定がキチンとできているので、時間が経過すればするほどにのめり込まされてしまいました。

何枚ものレイヤーを積み重ねて、一番正しい方向から見据えた感じ。

内容も決して明るい話ではないし、これと言った美男美女も出てこないのに、作品としての完成度からか、語弊はあるかもしれませんが、とても「楽しく」なってきてしまう不思議な(当然の?)魅力が満載。







ちなみにこの作品、都内では渋谷のシネマライズのみでの公開ですが、ここのモバイルサイトの画面※を窓口で提示すると、この「フローズン・リバー」に限り通常1,800円が1,500円になっちゃいます(笑)

TSUTAYA渋谷の1階にある前売り券売り場で買っても1,500円だから、わざわざ買いに行かなくてもお得に観られちゃいます。2人で行けば缶ビール2本は浮く計算ですから面倒くさがらずに是非!

※この割引、シアターキノ、シネマライズ、フォルツァ総曲輪、シネ・リーブル梅田、シネ・リーブル神戸、シネマ・クレール、京都シネマ、シネ・リーブル博多駅でも使えるそうなのでお近くの方はお試しあれ。



★★★★★



タランティーノの言葉を借りるなら「今月観た中で、最高にエキサイティングで息をのむほどすばらしい」こんな感じでしょうか...ってまだ1日しか経ってないですからっ!

今月も観るぞぉーっ!


あ、ちなみに先月1月は14本観ました。

このBoologの記事を見る限り、11本なのですがそれに「THIS IS IT!」2回が加わって13本。
残り1本はというと、「誰がために」という映画を新春2本目に行ったのですが、酔っていたため最初から最後まで爆睡していまったので、感想が書けなかった次第です(爆)決して作品の内容故の暴挙ではありませんので悪しからず。

なので都合13本。
もちろん全部自腹です(笑)




このアーカイブについて

このページには、2010年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ