movieの最近のブログ記事



誰ひとり無駄な人物が画面に出てこない作品。
そして、その1人ひとりの設定がキチンとできているので、時間が経過すればするほどにのめり込まされてしまいました。

何枚ものレイヤーを積み重ねて、一番正しい方向から見据えた感じ。

内容も決して明るい話ではないし、これと言った美男美女も出てこないのに、作品としての完成度からか、語弊はあるかもしれませんが、とても「楽しく」なってきてしまう不思議な(当然の?)魅力が満載。







ちなみにこの作品、都内では渋谷のシネマライズのみでの公開ですが、ここのモバイルサイトの画面※を窓口で提示すると、この「フローズン・リバー」に限り通常1,800円が1,500円になっちゃいます(笑)

TSUTAYA渋谷の1階にある前売り券売り場で買っても1,500円だから、わざわざ買いに行かなくてもお得に観られちゃいます。2人で行けば缶ビール2本は浮く計算ですから面倒くさがらずに是非!

※この割引、シアターキノ、シネマライズ、フォルツァ総曲輪、シネ・リーブル梅田、シネ・リーブル神戸、シネマ・クレール、京都シネマ、シネ・リーブル博多駅でも使えるそうなのでお近くの方はお試しあれ。



★★★★★



タランティーノの言葉を借りるなら「今月観た中で、最高にエキサイティングで息をのむほどすばらしい」こんな感じでしょうか...ってまだ1日しか経ってないですからっ!

今月も観るぞぉーっ!


あ、ちなみに先月1月は14本観ました。

このBoologの記事を見る限り、11本なのですがそれに「THIS IS IT!」2回が加わって13本。
残り1本はというと、「誰がために」という映画を新春2本目に行ったのですが、酔っていたため最初から最後まで爆睡していまったので、感想が書けなかった次第です(爆)決して作品の内容故の暴挙ではありませんので悪しからず。

なので都合13本。
もちろん全部自腹です(笑)






とある有名私立小学校のPTA保護者会。
議題は近々行われる、子供と親が一緒に演じる出し物の寸劇。 

脚本はクラス一の秀才が原稿用紙に書き上げた作文が原作に決まり、もちろん主役はクラス一の可愛い子。 

ここまでは良くある話しですが、有名私立校だけに、たまたまママさんパパさんの中に著名な俳優さん達が何人かいて、イメージアップも兼ねて両親役やご近所の大人役を買って出た所までは良かったのですが... 

話しが進むにつれて、その主役のお兄さんがグラフィックの専門学校に通っていたために、これ見よがしにおぼえたての技術を惜しみなくバックドロップなどに注ぎ込んだ結果、話しはハチャメチャな展開に。

さすがにプロの俳優陣も、途中から「これはまずい!」と思ったのか急に力を入れるものの時すでに遅く... 

そして、客席からはざわめきが... 





もちろんこれは本編とは何ら関係ない、僕の戯言です。
そして、映画を観に行くのが大好きなので悪口は言いたくないのですが、あまりにもひ....(以下、自主規制)

大丈夫なのか? Dream Works??
大丈夫ですか? ジャクソン監督?

やっぱりヒルズのTOHOシネマズで初日にスクリーン7以外で上映される洋画はダメって事なのかな...?




無星ではなく、評価に値しない作品。





あ、でも単館ロードショーなら許容なのかも(笑)
そうか、観る側の心構えの問題なんだな、きっと。妙に納得...だけどそれでいいのかな?





注)ここからは最新のWeb技術を使用しているために、一般の方の画面には正しく表示されませんのでご了承下さい。


間違いなく僕の人生で一番最低の映画です。
俺の金と時間を返せっ!全部自腹で映画観てるんだぞっ!!

でも...観た...自分が...悪い...んだろうな..きっと。






15年くらい前に、シャネルの香水か何かの新作発表の取材で訪れた、パリ・バンドーム広場にあるホテル・リッツ。

ココが生前使っていた部屋をそのまま再現するという趣向だったのですが、とある化粧品会社さんがメインスポンサーの番組だったので、室内にディスプレーされていた化粧品類や肝心の「香水」も撮影(というよりはOAが)NG。

コンテンツ的にはどうなの?っていう感じで取材していたのですが、個人的には再現(部屋は一緒)とはいえ、去年から立て続けに公開されているシャネルものの映画を観る度に、その場にいれたことを嬉しく思い出します。

もちろん、これはカンボンの有名な鏡の階段を登ったところにある、ココのアトリエにしても同じ事です。

それはさておき、今回はデザイナーとしての地位を確立してからのココとロシアの作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキーとのお話。

物語は1913年に彼の初期の三部作としても名高い、「火の鳥」、「ペトルーシュカ」に続く「春の祭典」がシャンゼリゼ劇場で初演されたところから始まります...

多少の過剰演出はあるかもしれませんが、この革新的な音楽に対して観客が反応するシーンを観て思ったのは、決してフランス人の国民性だけではなく、当時の人たちの芸術に対して真摯に向き合っていた姿勢。

1913年といえば、大正2年。
洋の東西を問わず、今と違って様々なものが溢れかえっていない時代です。

だからこそ、一つひとつの作品やアーティストを真摯に受け止め、、そして丁寧に育て上げていく環境があったのだと改めて感じた、印象的なシーンでした。






劇中ずっと気になっていた事が2つ。

1つはココが所有する別荘に置いてあった、スタンウェーのグランドピアノ。
あんなロゴのやつを見たことがなかったので、とにかく弾くシーンは釘付け。次は絶対にスタンウェーのピアノを置ける家を建てるぞと心に誓いながら観てましたもん(笑)

そしてもう1つはストラヴィンスキー役のマッツ・ミケルセン。
もうとにかく僕には「平 幹二朗」にしか見えなくって...で、おまけに帰ってから調べたら、「007・カジノロワイヤル」のあの悪役の人だと知ってビックリ。演技の幅というか、表情にも幅があるもんなんだと改めて実感。



★★★★★




平日の昼間とはいえ結構混んでいたので、劇場に問い合わせてから足を運んだ方が良さそうです。
個人的には今までのココの中で、(本を読んでいる時の)想像に一番近かったアナ・ムグラリスが好印象でした♪






久しぶりに映画を観た気がしました。
昨日も、そして先週も2本、今年に入ってから8本観たけれど、久しぶりに映画を観た気がしました。

なんという世界観。
なんという物語。
なんという時間の流れよう...

追悼とか友情なんて二の次です。
単純に作品として素晴らしい。




以上。



★★★★★






本編が始まってスグ。
「あ、なんだ。トータル・リコールね。」と思った瞬間に緊急事態発生。

作品の内容とは関係なく突然の睡魔が。
そして、寝ること...ほぼずっと。

ヅラロン毛のブルース・ウィルスが冒頭の現場検証に登場した辺りから記憶がございません。

でも、前記の通り残り30分くらいしか観られなかった割には結構話も理解できたし、ある意味どこから観ても大丈夫な映画なのかなと...







なんだかちょっとスティーヴン・セガール化してきちゃった感のある、ブルース・ウィルス。
日本で言うと誰なんだろう?


★★★★★



とてもいい意味で、船越英二あたり?






期待以上...なんて書くと失礼でしょうし、期待通りなんて書いてもちょっと嘘っぽい。

まぁ、人気はあれど「器用過ぎるが故に鼻についてしまう」けど「大人の事情的に使わざるを得なかった」若干名の方と、ご本人のコメディアンとしての血が騒いでしまった点(とはいうものの、これに関しては気持ちはよくわかります)を除いては文句なし。

脇?を固めるキャストも素晴らしく、特に國村隼さん。
僕が言うような事じゃないけれど、相当「いい味」を醸し出されてました!

手を抜いてるわけじゃなく、もうこれ以上はネタばれになってしまうので、とにかく劇場へ!





それにしても恐るべし、板尾創路。

しっかしこの人はこんなに格好いいというか、ビックリするほどキレイな顔をしてたんですね。
ロン毛も相当似合ってたし。

...っていうか、あんなに左右対称の顔を見たのって正直クリスティー・ターリントン以来です(笑)。



★★★★★



とても良質な、映画。
「芸人さんが一連の流れで作った映画」的な感じとは明らかに一線を画してます。

TOHOシネマズさん、細かい事情は知りませんが、西新井だけじゃなくてちゃんと六本木やシャンテでかける価値はありまっせ。






僕の親友が亡くなってからたぶん半年。
この映画を観ている間、彼の事を考えていました。
もちろんちゃんと観ていましたが、時代設定ゆえに、時折思い出しちゃいました。

完全に未成年だったけれどディスコ(古っ、でも楽しい響き)通いで、ターンテーブル2台にディスコ・ミキサー(笑)、レコードはCiscoかWinnersに行って少ない小遣いの中から輸入盤を買っていた時代。

邦楽?なんて全く聞くことがなかった僕が、この親友に出会うことによって、いわゆる「バンドブーム」というこの物語の設定と瓜二つのシチュエーションに入り込んでしまう。

もっとも僕はバンドはやらなかった(嘘、本当はベースを買った)けど、周りで「イカ天」なんかに出てる後輩がいたし、いま紐解くと結構レアなライブとかも行ってたっけ...

だから、まさにこの映画は、ある種の「デジャヴ」以外のなにものでもありませんでしたが、そんな個人的な背景とは別に、普通に物語に引き込まれて行ってしまいました。




バンデイジ



内容よりもその配役ゆえに敬遠してしまう人もいそうですが、ところがどっこい、マネージャー役がガッツリとハマってる伊藤歩ちゃんの演技は特筆もので、ある意味物語の重要なキーだったりして見所満載。

そして北野きいのポジションも思った感じと全然違って好印象。

唯一とても背の高い女の子の女子校生役とかコスプレ系には(周りとの釣り合いに)無理があるのは愛嬌としても、そこは大人の事情を察して何も言わず(笑)ピンだとカッコイイのにな♪

でもRockの定義って何なんだろう?って劇中のセリフを聞いて改めて思いました。
他のジャンルって好き嫌いは別として意外とわかりやすいと(勝手に)思うのですが、「ロック」って、そうなのかな?って思ってると違ったり、違うと思ってる人がインタビューで「ロック」って言ってたり...

ひとつ思ったのは、この監督さんが音楽をプロデュースしている時には、自分が聴かせたいものというよりも、こういう聞き手の心にに作用する部分まで考えてるのかなぁ?...なんて、その業界の人からしたら「当たり前だよ」って一笑に伏されてしまうような事というか、「売れる理由?」をふと感じた気がします。

まぁ、個人的にはそれよりも、あいつに会って昔話をしてきた119分でした。


★★★★★


それにしても、あのアンテナの太いSONYのコードレスフォン、高校の頃憧れたなぁ...
当時は変えなかったからNYに移って一番最初に買ったのを覚えています(笑)

劇中出てくる小道具がいちいち自分が持ってたものが多くて、ひとりニヤけてました。
完全怪しかったな(爆)








会社を設立した時に、決めた事がひとつあります。
それは、お中元・お歳暮はもちろん、年賀状は出さない(理由は割愛しますが)という事で、これは16周年を迎える今年まで頑に守られていました。

という事は、すなわち「先方からも届かない」わけで、もちろんそれを良しとしていたのですが...

ガガーン!
今年に限ってこんなキャンペーンをTOHOシネマズさんが打ち出したのです!

すでにTwitter上では何度か触れたのですが、「お年玉プレゼントキャンペーン」と称して、お年玉年はがきの末尾が1と4の年賀状をチケット売り場にもって行くと、1枚につき一人1,000円で映画が見れてしまうのです!

それも、2月28日まで!!!
なんと言う太っ腹!!!

という事はですよ、今日現在でまだ観ていない...

BANDAGE
サロゲート
Dr.パルナサスの鏡
ラブリーボーン
おとうと
インビクタス
50歳の恋愛白書
新しい人生の始めかた
抱擁のかけら
バレンタインデイ
恋するベーカリー
ココラインとボタンの魔女
パーシー・ジャクソンとオンポリオスの神々

そして、この他に期間中やってる限り&年賀状がある限り、マイケルがぜーんぶ1,000円で観れちゃうんですよ!!!

という事で、送らない僕には届かない年賀状を求めて、実家に行って参りました。
そして、昨日観たのがこれ。




かいじゅうたちのいるところ


えー、はっきり言って駄作です。
意味がわからない。

だからこそTOHOシネマズさんも初日なのに小さな箱のみの上映だったんでしょうけれど。

というよりも、原作の絵本が世界中でベストセラーだというのはとても分かる訳です。
でもですよ、あの作り方はないと思う訳です。

あまり書いてしまうと「ネタばれ」になってしまうから控えますが、子供が寝る前に読み聞かせる絵本を映画にする上で「尺を稼がなければならない」のは理解できますが、もう少し「行き来」をしてもいいと思うのです。

そして、本来描かれていなければいけない、「親子愛」が「家庭環境ゆえのただの溺愛」にしかなっていない。
あれじゃあ、ただ感情をコントロール出来ない子供のわがままさ、そしてそれに対して何も出来ない「ダメ親」の私生活に付き合わされた感じがしてとても不愉快。

子供だって、これを観てなにを感じ取ればいいんだろう...って思うはずです。

まあ、確かに怪獣は可愛いですけどね(笑)
でもそれが物語の肝心な部分に活きていない。可愛いだけならずっと「かいじゅたち」と一緒にいて帰りにぬいぐるみでも配ればいい。

なんてかなり辛口のコメントですが、今朝やってたブランチの映画ランキングでずっと上位に食い込んでいる「カールじいさんの空飛ぶ家」を昨年100本観た中でワースト2に選んだ僕なので、まあそのくらいに思っておいて下さい(笑)


☆☆☆☆☆



さーて、お次は週明けになればきっと大量のファンが息を潜めそうな「あの映画」に行ってみようかなと...♪






全く期待をしていなかっただけに、のっけから拍子抜けするくらい劇場内に溢れる笑い声。
この手の映画を観る時に、作品の良し悪しもさることながら周りのお客さんの反応ほど大きく左右される事はないと思います。

逆に言えばそれ次第で良くも悪くもなってしまうのですから...
でもこの作品はそんな事も関係ないくらいに良くできていました。


とても上質なユーモアのセンスに、知らない間に「フワっ」とした幸せな気分に浸っている自分に気付くでしょう。

ちょうど劇場に入る前にツイッター上でも倒産や撤退、廃刊に休刊なんていうニュースが溢れていた「寂しい」時だからこそ、こんな映画を観に行く余裕を持つ事も大切なのかもしれません。





ご多分に漏れずこの作品の日本版トレイラーも出来がひどいので、実際に観ると全く違った作品だと言うことに1分もしないうちに気付けるはずです。

そしてラスト15分。
ネタばれになっちゃうんで言いませんが、とにかくグッときます。
とにかくセリフが良くって♪


★★★★★


そういえば、いつも映画が終わった後に立ち寄って一杯飲んでいくガード下にある飲み屋のお兄ちゃんから「今日は何観たんですか?今年も宜しくお願いします!」なんて挨拶されたけど、このお兄ちゃん、毎回僕から新作の情報(感想)を仕入れるクセに、去年観た唯一の映画がワンピース(笑)。

気にせず今年も沢山教えてあげよう♪






ミラノから車で約3時間ほど北に行ったところにある工業都市、トリノ。
有名カロッツェリアの本拠地があることでも知られた街。

この地を訪れたのは今から16年以上も前、まだミラノに住んでいてファッション通信の仕事をしている時でした。

ちょうど番組でベルサーチの特集があり、天才振付師のモーリス・ベジャールの作品のために手掛けた衣装を撮影するために...

ベルサーチはVERSACE TEATRO(シアターの意)と称して、オペラやバレエ、そしてミュージシャン等の舞台衣装やステージ衣装を手掛けていたので、それらのアーカイブではなくオンタイムでの公演を押さえるのが目的でした。

なにぶんギッチリ詰まったスケジュールの中での3時間移動と言うこともあり、ハッキリと覚えていないのですが、いまネットで調べた感じだと93年にトリノ王立劇場で上演された三島由紀夫を題材にした「M」という作品だった気がします。(三島絡みなのは間違いないのですが...)

そんな曖昧な記憶の中でも鮮明に覚えいるのは、「鏡」の使い方がとても日本的(どちらかというと神道的)で、あぁこの人は日本の事をキチンと理解しているんだなぁ...と疲労困憊ながらも思ったのを覚えています。

そんな、彼が亡くなってから早2年。

スイスはローザンヌに本拠地を置く「モーリス・ベジャール・バレエ団」が巨匠を失ってから、その後継者である美術監督のジル・ロマン率いる新生バレエ団の生き残りをかけて上演される、ロマン初の振付け作品「アリア」のプレミアまでの一ヶ月を追ったドキュメント作品。

バレエに全く興味のなかった僕でもベジャールとジョルジュ・ドンは知っていたのですが、実際の映像で観ると身の毛のよだつ肉体のキレに息つく間もなく持って行かれてしまい、練習風景や過去の映像シーンが終わるたびに、ダンサーと同じくらい疲れ、初演までの緊張感は我が身をも襲います(笑)。






16年前の話に戻りますが、公演が終わりバックステージにベジャールのコメントを取りに行った時の事。

ソリストが日本人の方だったので、軽く会釈をしたのですが、その後に現れたベジャールが着ていたのは、その日僕が着ていたのと全く同じベルサーチのレザージャケット(爆)。

彼としてもベルサーチ絡みの取材を受けるので当然の気配り(僕的にもそう)なのですが、これには彼も驚いたみたいで、" We have same taste!"と笑いながら方を叩かれ「(ベルサーチの服が)カッコイイよな!」みたいな会話をしたのを覚えています。(もちろんまだこのジャケットは捨てずに持ってます)



★★★★★



MJにしてもそうですが、スポーツ選手しかり、芸術関係しかり、同年代を生きる偉大なパフォーマーが、惜しまれる間もなく亡くなってしまうことが多い気がします。

「そのうち観ればいいや...」

この作品を見終わった後に、素直に後悔しました。



ちなみに前回「ブロードウェイ・ブロードウェイ」が公開された後に「コーラス・ライン」の来日公演があったので、もしや?と思い調べてみると...

しっかり今年の11月に来日公演が決定しているようなので、この映画を観て興味を持った方は早めに手を打った方が良いかと...スグ売り切れちゃうと思うので!

ローザンヌまで行かなくていいっていうのはスゴイ♪
先手必勝。もう後悔はしないぞ!







まぁ、いわゆるヴィクトリア朝と呼ばれ、女王として81歳で亡くなるまで在位64年(当時としては無茶苦茶長生き!)という未だ破られない記録を持つ、イギリス・ヴィクトリア女王のお話し。

原題が"YOUNG VICTORIA"と言うだけあって、女王に即位する辺りまでを104分の中にテンポ良く上手にまとめた作品。

とてもいい意味で主人公の2人が美男美女過ぎず、素直に話にのめり込めます。







初めてアルバート(のちの王配殿下)がヴィクトリアに出会った日、別れ際に言ったセリフが "May I write to you?" 。

素敵だと思いません?

今だったら "May I call you?" とか "May I e-mail you?"なんだろうなぁ...って思いつつも、私信とは言え、周りの大人達によって画作された今では考えにくい2人の運命には、そのコンフィデンシャルな要素が全くない環境故に翻弄される2人の揺れる恋心?のあたりが個人的にはイライラして好きかなと...(笑)




★★★★★


セットもキャストもとても(いい意味で)豪華なので、お正月のちょっと華やかな気持ち?の時に見るにはピッタリです。






昨年末に観た「アバター」。

前回は3D版を観たのですが、もともとメガネを掛けるのがイヤでコンタクトを入れている僕としては、上映中ずっと3Dメガネを掛けているのがどうにも好きになれなくて...

で、途中で疲れちゃってメガネをずらすと、(メガネをする事によって)画面が相当暗くなるので、特にこの作品の場合は発色が全然違う事に気付いてからは、上映中も2Dの通常版と見比べてみたいなという思いが強くなったので、行ってきちゃいました(笑)。

それも2日から。これが僕の「観初め」です。




でも実際見比べて分かったのは、正直2Dと3Dの中間くらいがちょうどいいのかなと...

ないものねだりと言われれば仕方ないのですが、3Dには前記の通り気になるところがあると思えば、いざ2Dの方はディティールが細かく見えるぶん「アニメ」っぽくなってしまう部分があるのも否めないところかと。

あの、メガネをする事によって良い意味でディティールがぼやけ、3Dによる「立体感」ではなくて妙なリアリティーが作品に植え付けられていると言った感じか。

でもそれ以上に思ったのは、キャラクターのデザインとか3Dがどうのとかじゃなく、ストーリーがキチンとしてると言うこと。

まぁいずれにしてもハリウッド巨大資本系の映画が苦手な人にはピンとこなそうなのも確か。

ただ僕もはじめはあの青いキャラクターが生理的に無理で観る気も起きなかったのですが、他の作品を映画館で観る過程において、イヤと言うほど予告編を観るにつれて「アレ?もしかしたら」って思ったのがキッカケでしたもん。

まだの方は、何も考えずに3D版を楽しむことをオススメします。
ハリウッド映画なんですから(笑)


★★★★★





 
 1. 2012
 2. 007慰めの報酬
 3. 96時間
 4. Disney'sクリスマス・キャロル
 5. G.I.ジョー
 6. HACHI 約束の犬
 7. あなたは私の婿になる
 8. ある公爵夫人の生涯
 9. アバター
10. アンヴィル!夢を諦められない男たち
11. イングロリアス・バスターズ
12. インフォーマント
13. ウルヴァリン:X-MEN ZERO
14. エレジー
15. お買い物中毒な私
16. カールじいさんの空飛ぶ家
17. キャピタリズム マネーは踊る
18. グラン・トリノ
19. クローズZERO2
20. 消されたヘッドライン
21. ココ・アヴァン・シャネル
22. ザ・バンク サブウェイ123
23. 激突
24. サンシャイン・クリーニング
25. 幸せのセラピー
26. ジェイン・オースティン 秘められた恋
27. ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 1 ノワール編
28. ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック・エネミー)No.1と呼ばれた男 Part 2 ルージュ編
29. ジュリー&ジュリア
30. 少年メリケンサック
31. 人生に乾杯
32. スタートレック
33. ラムドッグ$ミリオネアー
34. 戦場でワルツを
35. その男、バンダム
36. それでも恋するバルセロナ
37. そんな彼なら捨てちゃえば?
38. ターミネーター4
39. チェ 39歳の手紙
40. チェ 28歳の革命
41. チェンジリング
42. チャーリーバートレットの男子トイレ相談室
43. 釣りバカ日誌20 ファイナル
44. ディアドクター
45. 天使と悪魔
46. トランスフォーマーリベンジ
47. トランスポーター3 アンリミテッド
48. 鈍獣
49. ナイト ミュージアム2
50. なくもんか
51. 夏時間の庭
52. ニュームーン/トワイライト サーガ
53. 寝取られ男のラブロマンス
54. ノウイング
55. ノッティングヒルの恋人
56. バーンアフターリーディング
57. ハイスクールミュージカル・ザ・ムービー
58. パイレーツ・ロック
59. バグダット・カフェ
60. ハゲタカ
61. パッセンジャーズ
62. パブリック・エネミーズ
63. ハリーポッターと謎のプリンス
64. バンコックデンジャラス
65. 反恋愛主義
66. ピリペンコさんの手づくり潜水艦
67. ファイティング・シェフ?美食オリンピックへの道?
68. ファッションが教えてくれること
69. 副王家の一族
70. ブロークンイングリッシュ
71. ブロードウェイ・ブロードウェイ
72. ボルト
73. マーリー世界一おバカな犬が教えてくれた事
74. マイケル・ジャクソン THIS IS IT!
75. マンマ・ミーア
76. 湖のほとりで
77. ミルク
78. メイプルソープとコレクター
79. レイチェルの結婚
80. レスラー
81. レッドクリフPart2
82. レボリューショナリーロード
83. ロフト
84. ワールドオブライズ
85. ワレキューレ
86. 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官
87. 男と女の不都合な真実
88. 脳内ニューヨーク
89. 理想の彼氏


これは今年、2009年に僕が劇場で自分でお金を払って観た映画のリストです。

いやぁ、まあ良く観たなと(笑)
その数、実に100本!

しつこいようですが、このリストにはDVDやテレビのOAで見たものは含まれていません。
純粋に映画館で観たものです。

こうやってみると、「映画好き」っていう印象があるかと思いますが、正確には「映画館に行くのが好き」なんだと思います。

ネットや雑誌でどんな映画があるのかを調べたり、友達と待ち合わせをしたり、時間を逆算したり...

準備をするっていうんですかね、実際の作品はもちろんなんだけれど、それが楽しい。
極論を言ってしまうと、別に作品の内容はそこまで気にしてないというか...

もちろん面白いに越した事はないんだけれど、それよりも映画館に行くのが楽しい。

ただリストを見てわかるように、娯楽要素の強い作品が多いのはミラノやニューヨークに住んでいたときにそれっぽいシリアスなものを見過ぎたのと、頭でっかちな感じがイヤなんだと思います。

あと良く人に言われるのがランキングなんですが、これは正直無理。
評論家じゃないんで。だから好みも偏ってる。(笑)

なので、作品名の前にある数字はあくまでも「何本観たか」の目安で、順番もエクセルで間違って昇順で並び替えちゃったので、あいうえお順になっています。

ちなみに9月からこのブログを始めて以降、自分が観た映画の作品をアップする中で最後に★マークを付けていますが、実は全部★5つ(笑)

だって映画館に行くのが楽しいんだし前記の通り評論家ではないので、雑誌みたいに★の数で読んだ人の興味が変わるのはどうかなと思ったので...

ただどうしても自分のプライド的にありえない駄作は☆にしています。
お金払ったので文句を言う権利はあると思いますが、映画というものに対して僕なりに敬意を表した結果です。

だから★がないんじゃなくて☆が5つ付いているというのが正解(笑)


ただワーストを挙げるなら、間違いなく「鈍獣」。
正直これは観た僕が悪い。

ファンの人ごめんなさい。
でもファンの人しか楽しめないなら、入口にそう書いておけばいい。

単なる内輪の悪ふざけなのか何なのかは分からないけれど、「金と時間を返せ!」って言いたい。

宮藤官九郎さんが脚本を書いているって言うことで期待していったのに...
あれ本当だったのかなぁ...?.

あんな...ってここから10行くらい恨み辛みを書いていたんだけど、まあ楽しい話題なので、悪態はこのくらいにしようと自主規制しました。(笑)

でも本当に残念でした。


そんな事はともかく、もしかしてリストを見ながら、「100本まで9本足りないじゃん」って思いましたか?

残念でした。
じつはマイケルを11回観ちゃってるんで...

あれ?それでもまだ1本足りない?


ジャジャーン!

と言うことで、2009年最後の映画にして、記念すべき100本目の映画を観てきました(笑)







やっぱり近年の日本のお正月はこれでしょう!
なーんて、初めて劇場で観たんですけどね(笑)

ほかにも候補はあったのですが、やっぱりコレしかないかなと...

終盤間近の中だるみは、老若男女万人が飽きないために仕方ないと思うので気にしない方向で(笑)
ただラストのエンディングは最後まで観ちゃいました。
こんなのマイケル以来です。

それに結構ウルってきますよ!


これでピッタリ100本。
さてと、来年は何から「観初め」しますかね♪


★★★★★


いやぁ、映画って本当にいいものなんですね...

あれっ?このブログ、完全に映画ブログになってません?
まぁいっか(笑)そのうち仕事にでもならないかな?(爆)






けんかをやめて 二人をとめて
私のために争わないで もうこれ以上...

ちがうタイプの人を 好きになってしまう
揺れる乙女心 よくあるでしょう

だけど どちらとも 少し距離を置いて
うまくやってゆける 自信があったの

ごめんなさいね 私のせいよ
二人の心 もてあそんで
ちょっぴり 楽しんでたの
思わせぶりな態度で 

だから...




ニュームーン/ トワイライト サーガ


何を言おうと好きな人は好き。嫌いな人は嫌い。興味の無い人は全く無い。
そういう類いの映画かなと...

でも主役の子、"INTO THE WILD"が一番可愛かったな...
トレーラーの中でのシーン...本当に良かった♪

まあ黙っていても続編は確実でしょう。


★★★★★







年の瀬押し迫るなか、今さらながら観賞。

いい悪いではなくて、好きな人は大好き。嫌いな人は大嫌い。
そう言う映画です。

主役の女の子、個人的には"INTO THE WILD"の時が一番可愛いと思います。
あのモーターハウスの中のシーン、可愛かったなぁ...

まぁ続編に?も?期待っていう事で(笑)
ただ海の向こうではスゴい人気らしいっす...


★★★★★






ひと言でいうと、ジェームス・キャメロンっていうのはとってもロマンティストで頭のいい人なんだなぁと思う。

テレイグジスタンスや唯脳論、バーチャル・リアルティーではどうにも出来ない現実。
伝えたいメッセージなのは一つなのに、最新の3DやFSXを巧みに駆使して、表面的な事にしか興味のない世代に確実にそのメッセージを伝えようとしている気がします。

キッカケは「映像がスゴイ!」「3Dがヤバイ!」でいいんですよね。
いきなり説教するよりは、まずは飴で釣ってから確信に迫る。

ストーリーはもちろん、まるで本当に実在するかのような、あと2回観たら僕も道を覚えられるんじゃないかって思えるくらいの、その世界観にも頭が下がります。

最初Trailerを観たときには、正直アバターの色彩が生理的にビミョーで興味を持てなかったのですが、徐々に(時期によって予告編の内容が違っていた)全貌が明らかになっていく過程で、どんどんその世界に引き込まれていったのを覚えています。





今年もあと僅かに残されたこの瞬間、「今日は暖かいなぁ...」って思った人は、何か行動しなければならない時期だという事に気付くはずです。結局はマイケルが伝えたかった事にも通じると思います。

あ、ただこの映画、とても綺麗ですが幼児との観覧はオススメしません。
普通に怖がってしまって逆効果です。

年末年始のゆとりのある時間に楽しめる、壮大なラブストーリーといったところでしょうか。


★★★★★


追記:
個人的にはあまりにも綺麗な画像なので、今度は3Dじゃない通常版を観に行きたいと思います。
正直画面が暗くなるし、彩度が落ちるし、集中できないので、それを引換にするほど3Dである必要があるのか実証してみます。




このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちmovieカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはgadgetです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ